ソニックスは、GPSプロッター・魚群探知機のブランドです。
トップページ 商品情報 技術情報 地図情報 会社案内 お問い合わせ
ソニック技術情報

GPS(DGPS)の原理

GPSは、米国が運用する衛星航法システムです。
GPSユーザー受信機はGPS衛星からの電波を使って受信機とGPS衛星との間の距離を
測定し位置を計算します。(誤差。一般的には15m位)

DGPS(ディファレンシァル)の原理

DGPSは、中波無線局(ラジオビーコン地上局)の電波を使って、利用時の精度を通常GPSの
1/10位に上げたシステムです。(誤差。一般的には4〜5m位)


DGPS局一覧

■DGPSセンター(1局:東京)
■DGPS局(ビーコン:全27局)
●宗谷岬 ●網走 ●積丹岬 ●釧路埼 ●松前 ●尻屋埼 ●酒田 
●金華山 ●舳倉島 ●犬吠埼 ●浦安 ●剱埼 ●丹後 ●名古屋 
●江埼 ●大王埼 ●浜田 ●大浜 ●若官 ●瀬戸 ●室戸埼 ●大瀬埼
●都井岬 ●トカラ中之島 ●慶佐次(ゲサシ) ●宮古島 ●八丈島
※詳しくは海上保安庁のホームページ


魚群探知機の原理 △TOPへ

船底に設置された振動子より発射された超音波は、海底に向かって進み、海底に反射して
゛やまびこ"のように帰ってきます。
魚群探知機からは発射から反射波の戻ってくるまでの時間と信号の強弱を計測して
液晶およびブラウン管に表示することにより、水中の状況を知ることができます。




△TOPへ
振動子の取付方法

接着(シリコン等)取り付けの場合 (丸型・船型振動子)
振動子の船底貼り付け
FRPの厚さ10mm以下(2重構造は不可)の船底に
シリコン等を用いて接着
(船底と振動子の間に空気層が出来ない様注意)
インナーハル取り付けの場合 (丸型振動子)※オプション











FRPの厚さ10mm以下(2重構造は不可)の船底に
オプションのインナーハルを用いて取り付け
(接着剤及び液は付属しています)
トランザム取り付けの場合(船型振動子)
トランザムへ付属の取り付け金具を用いて取り付け
船底と振動子との隙間が出来ない様シリコン等で埋める
(隙間が出来ると走行中気泡が発生しノイズとなります)




△TOPへ
周波数の特徴

周波数と指向角及び探知範囲の関係
周波数 指向角 水深10mでの探知範囲 測深能力
200kHz 12°  直径 約2.1m 約100m
120kHz 17°  直径 約3m 約200m
50kHz 60°  直径 約11.5m 約300m
表の数値は当社使用の丸型振動子を基準とする参考値です。
又、測深能力は使用条件(振動子の取付方・海底の状況等)により
異なります。
120kHzは浅場から中深場まで使用でき、混信の少ない周波数です。
△TOPへ
ホワイトライン機能


モノクロ液晶画像の黒《1》色5階調に比べ、カラー液晶画像は8階調なので情報量が多く、
独立色なので表現力に優れています。
又、ホワイトライン機能を使用すると、藻(ウィドー)や小魚(ベイトフィッシュ)のみを表現できます。
通常魚探画面 ホワイトライン機能





△TOPへ
STCの使い方

STCとは春先等で、海面付近にプランクトン
等が多くなりますと、画像上、海面付近がノ
イズ状に表示されてしまい、その汚れの中
に魚が居ても判別できません。
そこでSTCの数値を上げていくことでノイズ
部分を取除き、魚のみを表示させることができます。
但し、STCの数値を上げすぎると魚も消え
てしまいます。
△TOPへ
プロッターの外部入出力利用

GPSプロッターの外部入出力機能により下記のような利用が可能です。
詳細は各項目をクリックしますと別窓にて開きます。
GPSプロッターからパソコンへのデータ転送
パソコンへ目的地等のデータを転送保存し、パソコンでデータの編集、
さらにプロッターへ編集データを転送することができます。
GPSプロッター同士のデータ転送
2台のGPSプロッターを使用する場合において目的地等のデータを相互に
転送することができます。
又、GPSプロッターの買い替え時にデータを引き継ぐことができます。
GPSプロッター外部機器への利用
GPSプロッターのNMEA0183外部入出力を利用する為の解説です