ソニックスは、GPSプロッター・魚群探知機のブランドです。
トップページ 商品情報 技術情報 地図情報 会社案内 お問い合わせ
ハイウェーモード画面(コースズレ画面) 
 ハイウェイモード画面(コースズレ)とは目的地航法またはルート航法時に自船がハイウェイを目的地に向かって走行するような画面表示です。
設定時の自船位置から目的地までを直線で結び、その直線上を航行した場合の航行コースのズレ、自船速度、目的地までの残り距離・時間等を表示出来ます。
 
SVC780ハイウェー画面 
上図は目的地番号1(タイ)への目的地航法をした場合の画像です。
コースズレを0.02Km(設定は0.01Km以上又は海里)に設定した場合、コースより自船が外れた時にはコースズレアラームが表示され、舵を取る方向とコースズレの距離を表示します。又、コース上を航行している時には下図のように舵を取る方向の赤矢印は船のマークとなります。
到着アラーム設定をしている場合は設定値以内に近づくと到着アラーム表示を点滅します。
 SVC780ハイウェー画面
 
ターゲット魚知(ターゲットウォッチ)
目的地航法にて航行中の時、魚探画面にすると下図のように画面左上に目的地の方向と目的地までの距離・時間を表示します。
目的地が釣りポイントの場合には上記ハイウェイ画面でポイント近くまで航行し、魚探画面に切替このターゲットウォッチと魚探画像を確認しながらポイントに入ることが出来ます。
ターゲットウォッチ
MOBの利用(システムバージョン1.04から対応)
MOB(A Man Overboard)は本来ボートから人が落水した場合、MOBキーを押すとその場所を目的地とした目的地航法を自動的に開始し、いち早く落水地点に戻る機能です。
魚探画面に現れる魚影や根を確認しても、航行中の場合その場所が何処なのか船の速度や魚探の送り速度との関係で分かりにくいものです。そこで魚影や根が画面に現れた時にMOBキーを押すと自動的に押した場所に対しての目的地航法が開始され同時に魚探画面には上記のターゲットウォッチが表示されます。


トップページに移動